藤村甲子園、山田太郎、真田一球、水原勇気、景浦安武、という名前を聞いてピンとくる方々は多いはずです。日本の野球漫画をリードしてきた水島新司さんの描くキャラクターの名前です。藤村甲子園は「男どアホウ甲子園」、山田太郎は「ドカベン」、真田一球は「一球さん」、水原勇気は「野球狂の詩」、景浦安武は「あぶさん」で、それぞれ破天荒で常識破りの漫画ならではのキャラクターです。
 「あぶさん」は主役景浦のニックネームで、無類の酒豪であることから強いリキュールのアブサンと名前の安武(あぶ)が由来とされています。酒豪であるが故に、酒がらみのトラブルもあるのですが、野球好き、酒好きのファンに支えられ長きにわたる連載になりました。コンプライアンス厳しき今時ではいろいろご意見も出るかもしれません。
 「野球狂の詩」では女性プロ野球選手を認めない野球協約との闘いがバックボーンにあります。今でこそ女子プロ野球リーグまで存在していますが、当時としては大きな問題提起であり、ジェンダー問題などの言葉すらない頃の話です。

 社会課題の先取りも感じる作品も多いそんな水島野球漫画の代表作はやはり「ドカベン」ではないでしょうか。1972年から81年という私の子供時代にちょうど連載があったことも影響しているとは思いますが、私にとっての野球漫画の王道といっても過言ではない作品です。「ドカベン」の主役は山田太郎、野球漫画のキャラクターとしては地味で、黄色い声が飛び交うイケメンでもなく、かつ野球漫画の主役に多い投手ではなく捕手という設定が、モテない男子の心をつかんだのかもしれません。とはいえ、この山田太郎は超高校級の強打者で、野球スキルが玄人好み。最も象徴的なのは、金属バットが当たり前の高校野球において、ただ一人木製のバットを使用するのです。
 ちなみに山田太郎が所属する神奈川県の明訓高校は(無論フィクションです)山田が1年生の夏の甲子園での優勝を皮切りに、3年生夏の大会までに春夏4回の優勝、唯一2年生の夏に弁慶高校(こちらも無論フィクションです)に敗北します。高校生が3年間で出場できる甲子園大会は夏3回春2回の計5回だけですから驚異的な戦績です。桑田、清原を擁する大阪・PL学園でさえ、優勝2回、準優勝2回、ベスト4が1回です(こちらはノンフィクションです)。
 また、明訓高校は、山田の他、小さな巨人と称された投手里中、天才ピアニストの殿馬、悪球打ちの岩鬼、先輩土井垣、微笑三太郎と高校卒業後プロ野球で活躍する個性豊かな選手ばかりでしたので、連載当時はわくわくして『少年チャンピオン』の発売を心待ちにしたものです。

 水島新司さんは、漫画家の先生が多い吉祥寺在住で、野球のホームベース型の屋根をした豪邸は有名でしたが、本年1月10日に盟友である野村克也さんの待つ天国に旅立ちました。たくさんの感動と汗、そして涙と笑いをありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。