新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜りまして、年初に当たりあらためて御礼申し上げます。
昨年9月20日創業60周年を機に、社名を「電通PRコンサルティング」と変更いたしました。
企業を取り巻く社会課題が複雑化する中で、存在意義やパーパスに立ち返った企業活動やコミュニケーション活動が求められています。多様化するステークホルダーと良い関係性を築きながら、ブランドや企業価値を高めていくために、社会との接点を公平な視点で見つめていくPR思考で企業のレピュテーションをマネジメントしていくことが、PRコンサルタントの仕事と認識しています。
本年も、何卒ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 さて、本年は年男。0歳時の寅年から数えて6回目を迎えることになります。
 干支(えと)は「壬寅(みずのえのとら)」で、厳しい冬を乗り越えて、新しい芽を吹き、成長の礎をつくる年だそうです。2年間のコロナ禍での厳しさに耐え、知恵と工夫で少しずつ苦境を乗り越え、新社名となって新しい成長に向けて礎となる年にしたい当社にとっては、まさに当たり年というわけです。

 私の生まれた1962年には、海洋冒険家の堀江謙一さんが、「太平洋ひとりぼっち」で日本からサンフランシスコまで単独無寄港で太平洋横断に成功した年です。60年たった今年、84歳になる堀江さんはサンフランシスコから兵庫県西宮までの世界最高齢の太平洋単独無寄港横断に挑みます。堀江さんもまた、寅年生まれ。まだまだ負けていられませんね。
 余談ですが、私が生まれた1962年10月5日は、ビートルズが“Love Me Do”でデビューをした同じ日で、それを知って彼らのデビューシングル盤レコードを、中古レコード屋さんで探し出して、大事に自分の部屋に飾ってあります。本当に余談ですみません。

 コロナの不安は完全に払しょくできたわけではありませんが、引き続き油断することなく感染拡大防止の意識は変えずに、新しいチャレンジを続けていきたいと思います。
 本年もよろしくお願いいたします。