今年のゴールデンウイーク(GW)も昨年同様にステイホームを励行した我慢の連休となりました。しかしながら昨年と違うことは、ステイホームの経験値が高まったために工夫のステイホームとなったことです。前回の当欄のブログにも書いた通り、今年のGWはパン作りに精を出しました。

 日頃は、料理をすることには縁遠いのですが、この連休では妻の指導の下でパン作りにチャレンジしました。幸い、我が家には日常的にパンの材料は備えられているので、特別なものを買い込むことなく始めることができます。

 初日は、食パンを作ることに。慣れない手つきで粉を丸めますが、調理工程に比べて発酵やオーブンでの焼きを待つ時間の方が長いのがパン作りの特徴ですね。ほとんど自力で作った感覚なく、こんがりと良い形に焼き上がりました。

 その後連休中に、ハム&オニオンやあんぱん、ベーコンを使ったエピ、フィナンシェにもトライ。食パンと違って手作り感が強く、焼き上がりにも気分は充実しました。おいしいのは無論ですがね。GWの最後を飾ったのは、昨今食パンブームで数多くの有名店が紹介されますが、その中から東京・麻布十番の名店のレシピを活用してのパン作りです。四角いフォルムの食パンで、ほんのりと甘さのある出来上がりに思わず“ブラボー”の声。

 ちょっとしばらくは、パン作りにはまりそうです。皆様のGWはいかがでしたか。