イノベーションの担い手には、最も優秀な者を選定すべきである。というのは、ピーター・ドラッカー先生の主張です。果たしてそれは現実的なのかどうか。

 実際には、最も優秀な人材は、目の前の業務において最高の成果を収めている人たちです。すなわち、直近の組織の成果に対して、最大比重の貢献度を誇っているとも言えます。

 それが意味するところは、例えばその人材を現在の業務から外して、全く新しいプロジェクトに専念させるなんてもっての外、という結論です。なかなか現実というのは厳しいですね。

 確かに、個別組織単位での判断はおのずとそうなるでしょう。組織を預かる長としても、最も頼りにしている人材を奪われるわけですから、黙っているわけにはいきません。ここが、個別と全体の最適論の分かれ目になります。

 小組織単位ではなく企業全体、短期ではなく長期、で考慮する場合、究極的にはドラッカー先生の主張に到達することになります。なぜなら、そこそこの資源を投入しても、そこそこ以下の成果しか得られないのは、自明の理だからです。

 さて、そこでどうするか。一気に結論から申し上げると、より広く長く高く大きく考える必要があると思います。

 足元の業績には確実に負の影響があるでしょう。人員の減少に伴い、周囲の人たちが補わなければならない負荷も増大するでしょう。ただし、それを避けるために決断が鈍り、未来への投資ができないのだとすれば、長期的には組織の全員にダメージを与えることになります。

 そうはいっても、今期の予算はどうするんですかぁぁぁ?! という声が聞こえてきます。まったくもって難しい判断です。だからこそ、先ほどの「広長高大」的思考が必要になってきます。あと、適度な鈍感力。まともに詰めて考えていたら、とても恐ろしくて何も決断できないでしょうから。

 不確実性の高い世の中だから、不確実性と向き合うことは避けられないことです。その際に頼りになるのは、得知れぬ直感力といくばくかの無謀さ。絶対の正解なんて、もはやどこにもないのでしょうから。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。